スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリュージュのたぬき

ご無沙汰しました。
仕事が忙しくてブログの更新をする元気がなくお休みしてしまいました。

アメリカ西海岸の労使交渉が昨年より続いていて、2/12.2/14~16は完全に港湾作業が停止してしまいました。
そのためもう昨年10月ごろから空輸や東海岸へ着く航路に変えてアメリカへ送る業者も増えてきていました。
うちはもともと依頼されて到着日より1週間位早い船で送っていましたので、影響が出始めたのが遅かったのですが、
緊急で空輸しなければならないものがあって飛行機会社にスケジュールを確認したら全然空いてない!
でも、ルクセンブルグ航空と言う貨物専門の会社があって、ルクセンブルグ経由で(!)発送できたのですが、
どこの会社も考えることは同じでそれもいっぱいになってしまい・・・・

ついにはトルコ航空で通常日本からアメリカに送る費用の倍かけてイスタンブール経由しかとれないと言うね・・・・

ISILが労働者のバックにいて経済テロを起こしてるだの、民主党が西海岸の港湾労働者のバックにいるだのまぁ、いろんな噂が飛びかい、私はとうでもいいのよそんなことは、荷物運んで、早く!としか。

うちの商品は季節性が全くないわけではないけど、ファッション関係に比べればたいしたことはなく、
もう春夏物の輸送が始まってるから、それは空輸になるんだろうし、値段に跳ね返るのは目に見えていて。

そんなわけで、ブリュッセルで食中毒になった翌日ブリュージュの食事は和食でスタート。

座ると出てくるお通し。

DSCN6193.jpg

緑茶は€3.00
つまみが付いてきます。
おせんべいと昆布。

DSCN6194.jpg

たぬきうどん

DSCN6196.jpg

オープンキッチンで目の前で出汁を取ったり、天かすを作ったりが見えます。
日本で修行したベルギー人のご主人と日本人の奥様が経営している店で、従業員も数人います。
でも、うどんをゆでるのは見えないところでやっていたので、食べた感じから冷凍のかときっちゃんだと思われます。
別に加ト吉の冷凍うどんならなんの文句もありませんので、目の前でゆでていただいてもかまわなかったんですけどね。

DSCN6195.jpg

お寿司のコーナーもあって、それは専門の日本人職人が担当していて、写真を撮り忘れましたが、卵焼きの握りをいただいたのですが、
寿司めしも米、味加減、何をとっても会社や自宅の周辺にある寿司屋とは格段の違いで、
ヨーロッパでこんな美味しいお寿司食べていいのかしら?

お値段はお茶、たぬきうどん、卵のにぎりで€30.00(4500円?)とお高かったけど、出汁じるで暖まり、適度な塩分も補給され、だいぶ元気になってきました。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rachel

Author:Rachel
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
433位
アクセスランキングを見る>>
お散歩人数
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。