スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源平池のはす


午前10時前に行くとハスの花が開いています。

DSCN5780[1]

ソフトフォーカスと言う機能を使って撮ってみました。

DSCN5783[1]

鶴岡八幡宮の弁天様
白いお宮の鳩も水分補給中。

DSCN5787[1]


DSCN5788[1]

DSCN5789[1]

まだ10時前なら木陰はさわやかな夏でした。


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : 花めぐり
ジャンル : 旅行

朝の小町通り

ロアン宮の見学を反省中。

27日の日曜日、鎌倉にヤボ用で行って来ました。


朝の小町通りは人通りはまばら

IMG_0469[1]

しかし、イワタコーヒーには開店を待ってすでに人が並んでいて、あれ防衛大って共学になったんですね。

IMG_0468[1]

朝ごはんをここでとってもよいかな?

IMG_0470[1]

朝の比較的すずしいうちにと結婚式。
それでも、打掛はいくらなんでも暑いでしょう。

IMG_0471[1]

鎌倉近代美術館の展示は田淵安一。
昭和21年にパリにわたった画家だそうです。
美術館の開館時間は9:30

IMG_0472[1]

八幡様から入ると裏から回る感じです。

IMG_0474[1]

入ってみようかなと思ったら、ハスが・・・

IMG_0475[1]

ここじゃない、源平池に見に行かなくちゃ!
と言うわけで田淵安一はパスしてしまいました。


人気ブログランキングへ

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

なんだかどうでもよくなってきた博物館

古い天文時計のしかけがあったとおもったら次はスプーン

IMG_0178.jpg

洗顔用品?

IMG_0180.jpg

パイプ

IMG_0182.jpg

そしてミニカー

IMG_0183.jpg

う~む。

次の扉を開けたら枢機卿の部屋

IMG_0184.jpg

IMG_0185.jpg


実は写真を撮ってなかった天井がすばらしいものだったらしい。
このロアン宮はマリーアントワネットがオーソトリーの服からフランス式の服に着替えた場所です。
それはどこだときもそぞろ。

ちゃんと見てなかったことが今悔やまれます。


人気ブログランキングへ



テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

天文時計の部屋

これは当時の銀行で使っていた金庫です。
唐草模様のようなのは鍵の仕掛けです。

IMG_0166.jpg

またお皿が展示してあります。

IMG_0172.jpg

fiznces と言う薄い陶器はアルザスの名産品だそうです。
ポール・ハノンは作者名。

IMG_0168.jpg

次はなんだか趣が違う部屋になりました。

カテドラルの天文時計の仕掛けです。
今カテドラルにあるのは16世紀半ばに作られた2つ目のものなので、ここに展示してあるのは最初の14世紀に作られたものでしょう。

IMG_0173.jpg

カテドラルで上の方にあるのを見るとそんなに大きくは見えなかったのですが、
近づいてみるとかなりの大きさです。

IMG_0174.jpg

天文時計の文字盤。
時間の読み方がよくわかりませんが、要するに復活祭の日を計算するもの ら・し・い。

IMG_0176.jpg




人気ブログランキングへ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

パレ・ロアン Palais Rohan

ロアン宮です。
18世紀にストラスブール司教の宮殿だったところで、3つの美術館から構成されています。
入り口は左側にあります。

DSCN4613.jpg

1階は装飾美術館。
17世紀から19世紀中頃までの陶器、金細工、時計などが展示されています。

まずはストーブ。

IMG_0158.jpg

たぶん中にお湯をためて、冷めないようにしておく器。
何を入れたのでしょう?右の穴が開いてるのはティーバッグ置きのように見えますが、当時ティーバッグはなく。

IMG_0162.jpg

柄がシノワズリ。
多彩で上品です。

IMG_0163.jpg

IMG_0164.jpg

この絵はヘレンドに通じるものもあります。

IMG_0165.jpg

装飾博物館と言う名ですが、ルーブル美術館や、アルザス博物館に置ききれなかったものを雑多に集めた感じがだんだんしてきました。
入ったばっかりですけどw


人気ブログランキングへ





テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

お土産屋さん

カテドラルからまっすぐに進む道はお土産屋さんが並んでいます。
なかでも陶器を扱うお店はウィンドウがきれいです。
観光客めあての陶器みたいですけどね。
ふくろうはディジョンのお土産じゃないのかなぁ?

DSCN4609.jpg

猫もいました。
去年もおととしもいました。売れないのね。
誰か買ってあげてね。

DSCN4610.jpg

自転車は表通りしか通れません。

DSCN4608.jpg

午後になってさっきまでいなかった大道芸人が大聖堂の前に出始めました。
チャップリンです。向う側にいて良く見えませんが。

DSCN4611.jpg


さて、過去2回の訪問で行きそこなったロアン宮に行きましょう。
ロアン宮もストラスブール再訪の目的の一つでした。

DSCN4612.jpg

ここは13:30にならないと開かないと言う駆け足旅行の人にはちょっと中途半端な時間帯に開館です。


人気ブログランキングへ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

ストラスブールのランチ事情

この街は観光客向けの店ばかりです。
ベックオフと言う大量の肉じゃがや、うすーいピザ、タルトフランベ、あとキッシュみたいなオニオンタルト、ザワークラウトの上にいろんな種類のソーセージが乗ったシュークルートがこの地方、アルザスの料理です。

しかし高い上に量がすごいので、それを見ただけで食欲がなくなります。

なので、普通にステーキが食べたいなっと。

まだ12時なのでわたしが本日の初現客です。
まず、水。無料の水、カラフドーしるぶぷれっ!

ん?これは有料のが来たか?
ま、いっか、のど乾いたから飲んじゃえ。

DSCN4597.jpg

そうそう、これこれ、ポテトも食べたかったしね。

DSCN4598.jpg

固いのはわかってたけど、こんなに固いとは思わず、ナイフを持つ右手が吊りました。
そんなに火を通さないでって言ったけど、芯まで火が通っていて、フランスでミディアムなんてのは通じないらしい。
真ん中が冷たいようなレアが来てもやだしな~

と「どっちかっていえばレアかな?」みたいな言い方をしたのがよくなかったらしい。英語だから大丈夫だと思ったけど、通じる通じない以前の問題だったらしい。

で、水はやっぱり有料でした。

DSCN4601.jpg

ま、安くすんだしいっか。

デザートは向かいのクリスティアンにしようと思ってたのですが、

DSCN4602.jpg

おなかいっぱいになったのでまた後で。


人気ブログランキングへ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

絶品ケーキのミルホップ(ミュロップ)

カテドラルからまっすぐ行ってちょっとした応援を抜けると広い通りに出ます。

DSCN4596.jpg

そこを左に曲がってまっすぐ進むと道の左側に・・・・・あったけど、やってないミュリョップ。

DSCN4604.jpg


ケーキがおいしいのですが、狭い間口で、カフェもなく、開店時間が短いのでなかなか見つけられない、大通りにあるのに。
で、ツーリストインフォメーションで聞くと通じない。
やっとっ通じると言われます、「お~、みるほっぷ」
「ミルホップよ、ミュリョップだとわからないわ、大聖堂の正面をまっすぐ行って左に曲がればすぐありますよ。」

だったら、営業時間もおせ~てよぉ!

と言うことで、
月曜休み、土日以外は12:15~13:30が昼休み。閉店は18:30.

DSCN4605.jpg

ケーキは明日だね。

っということでランチの店を探してカテドラルの方に戻りました。

DSCN4606.jpg



人気ブログランキングへ


テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

タンパンで宝探し

カテドラルから出てみたら、表には人が出初めてきていました。
修学旅行かな?
最近、遠足とか言わないで、タウンリサーチでしたっけ?そんな言い方するみたいですね、中学位になると。

DSCN4592.jpg

いまのところ社会科見学だか修学旅行だか遠足だかは2グループかな?

DSCN4591.jpg

こちらはカテドラルに向かって右側の、東側?、の広場です、
三角の建物がルーブル博物館、道挟んだ向う側がロアン宮です。
ロアン宮は火曜日がお休みです。
開館は午後1:30です。
午後になったら行ってみましょう。

DSCN4593.jpg

で、振り向くと、そこには、折れた矢を持って目隠しされた女性の奴隷の大変美しい像があるのですが、
この時は修復工事中でみられませんでした。残念。

そして、正面入り口のタンパンにはカエルと蛇を背中に隠し、笑みを浮かべながらりんごを差し出す誘惑者の彫刻。

DSCN4594.jpg

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

天文時計とオルガン

カテドラルにある天文時計です。
15分ごろに、天使が鐘をならし、ちょっとだけ動きます。

DSCN4582.jpg

毎日12:30から天文時計が動き、この鳥が時を告げます。
これが結構しょぼいw こけっこぉぉぉ ぉ ぉ  ぉ・・・・・ぉ みたいな感じです。
骸骨が鐘を鳴らす紐を引き、12使徒が歩きます。

この時間は一般見学者は入れないように入り口は閉じてしまいます。

チケットは内部のカード売り場か表の特設チケット窓口で事前に買い求め、
11:30までには入場口にならびましょう。
12:30に行ったのではもう入れません。

DSCN4583.jpg

左の身廊の天井です。
この絵はこの地方特有のもののようです。
メゾン・カーマルツェルや、鹿薬局の天井画も同じような色彩でした。

DSCN4587.jpg

以前撮ったメゾン・カーマルツェルのレストランの天井画です。
この時はキャノンのカメラだったので真っ暗にしか写せませんでした。
絵具の色調が似てませんか?

2012 05 franc 121

大聖堂のオルガンです。色彩豊かです。
中には可動式の人形が仕込まれていて、金曜日のオルガンコンサート開催時には見られる ら・し・いです。

DSCN4588.jpg

オルガンの装飾です。
どうもここの教会は人に重いものを乗せるっていうか、罰っていうか?そういうのが好きらしい。

DSCN4589.jpg

DSCN4590.jpg



人気ブログランキングへ


テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

Rachel

Author:Rachel
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
363位
アクセスランキングを見る>>
お散歩人数
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。