スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニッシム・ド・カモンドのサロン

先日、パリの話の途中でいきなり鎌倉のアジサイの話題にとんでしまいました。
またパリ、ニッシム・ド・カモンド美術館の話に戻ります。

客用の部屋の始まりは書斎です。
壁にはタペストリーがかけられていて、オービュッソン製のもので、絨毯もオービュッソンだというのですが、
そのオービュッソンが地名なのか、製造した会社なのか作者なのかいまだにわかりませんが、
高級な織物であるということらしいです、すみません。


DSCN4427.jpg

デスクの上にあるインク壺はリモージュ。

DSCN4428.jpg

部屋からの眺めはモンソー公園。
花の季節にはきれいでしょう。借景ですね。

DSCN4429.jpg

公園を眺める部屋はグランド・サロン。
鏡がたくさんあって、公園の緑がどこにいても目に入るようになっています。
このロープがなければもっと素敵な部屋だろうなと思います。

DSCN4430.jpg

ロープなしで撮ってみましたw
絨毯の繊細な模様がきれいです。
テーブルの上にある壺と鏡の両脇の肖像画の下にあるブロンズの壺はブロンズに漆を塗った珍しいもので、
ポンパドール夫人の持ちものだったものだそうです。

DSCN<br />4432.jpg

まぁ、こういう立ち入り制限のある邸宅美術館を見る場合は、ロープ1本で安っぽくも豪華にも見えるので、
見る側の気持ちの持ちようも大切なんじゃないかなと。
パリ好き女性の書いてるブログによくある「時を超えて伝わって来る本物のみが持つ力に感激」的な?
そこまでは行かなくてもある程度そういう気持ちを持つことも必要かなぁと思いました。

って、いきなり何?って話ですが、まぁ言っちゃ悪いけど、成金臭がするんだな、ここ。
せっかく来たんだから楽しむには気持ちの持ちようだよねと言う話で。


人気ブログランキングへ

















スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

成就院と海

今回の鎌倉アジサイめぐり、しめくくりは成就院。
ここは江ノ電の極楽寺から行くのが一番近いのですが、それだと成就院の楽しみが減るっていうかね?
長谷寺→御霊神社→力餅→星の井→成就院 と言うコースで成就院の墓地方面から階段を登る。
少し振り向きながら花を愛で、

DSCN5759.jpg

階段の上の方まで来たら思いっきり振り向く。

はぁ、疲れたぁ、あ~海だ!今日も波が出てるね、と言う楽しみ方がよろしいのではないでしょうか?

DSCN5762.jpg

極楽寺駅から成就院へ行くと両脇になにもない傾斜の急な階段をゼィゼィ登り、
いきなり人混みw その間からは海と花。
あ~海 っていう瞬間にありがたみが感じられないw

まぁ長谷方面から来ても階段を半分も登らないうちに振り向いちゃうと人だらけで、海はちょっことしか見えないので、
そこはがまんして上~の方まで行ってから振り向くのが正解。

DSCN5760.jpg

それにしても、去年は日傘をさしてる人が多くて花が隠れてしまうばかりでなく、目をつつかれそうになったりして
迷惑だなあ~と感じていたのですが、今年は少なかったな、日傘婆。

そして、極楽寺駅。
千明と和平が通勤に使っていた駅、極楽寺。
しかしね、家があの場所だと長谷駅の方が近くないですかね?
ま、ドラマだから絵になる風景が良かったんだろうけど。











テーマ : 花めぐり
ジャンル : 旅行

御霊神社のアジサイ

よそんちの土地にまで紫陽花植えちゃってw、裁判沙汰になってるような大規模なアジサイ山は今年はパスして、
先週最終回を迎えた続・最後から2番目の恋の舞台になった御霊神社のアジサイ園に行きました。

今年はここが一番よかったかな?

IMG_0385[1]_convert_20140628131803

IMG_0386[1]

>
IMG_0387[1]


IMG_0388[1]


IMG_0389[1]


手入れも良く行き届いて。

御霊神社へ行くには、
長谷寺の駐車場を海方面につっきり、右に行って左に曲がってまた右に曲がって行くと社殿の右に出ます。
文字で見るとなんだよこれ的な説明ですが、現場に行けばなるほどと思うでしょうw

アジサイ園は社殿の裏です。

正面を海方面に行くと江ノ電の線路があって、線路を渡った右手が千明の家のロケ地。

しかし、そんなことより、この時期は線路脇のアジサイと一緒に江ノ電を撮る撮影スポットになっていて、大混雑です。
気を付けて写真撮ってね、私はパス。


人気ブログランキングへ











テーマ : 花めぐり
ジャンル : 旅行

江ノ電にのって光則寺へ

平日昼の江ノ電は土日とは比べものにならないほど空いています。

70才前後のおじさんたちのグループ、誰か一人いなくなってしまったようで、探し回っていました。

「帰ちゃったのかなぁ?」
「どこにもいねぇだろ?」
「まっさか、かえらねぇだろー」
「いやー、困ったな」

DSCN5734_convert_20140622133844.jpg


次、長谷寺は45分待ちなので行きません。
光則寺に行きます。
長谷で降りて大仏方面へ行き、きんつば屋の角を左へ曲がればわかります。

檀家と小学生は無料。
その他の人は100円を賽銭箱に入れてから入ってくださいと。

DSCN5736_convert_20140622164928.jpg

今年は去年より夏日が多くほとんどのアジサイが終わっていました。
鎌倉で一番アジサイの種類があるお寺です。
鉢植えだけどね。

DSCN5737_convert_20140622164217.jpg



DSCN5738_convert_20140622164253.jpg


DSCN5740_convert_20140622164725.jpg

DSCN5752_convert_20140622182323.jpg





こちらは地植えでヘップバーンの帽子のようでしょう?
サンローランのとも言うけど。

DSCN5742_convert_20140622165012.jpg

八重です。

DSCN5743_convert_20140622165204.jpg

クジャクもいます。

DSCN5745_convert_20140622165341.jpg

日蓮の弟子、日朗の閉じ込められていた土牢もあります。

DSCN5748_convert_20140622180840.jpg

2mmほどの大きさのうさぎゴケもあります。

DSCN5747_convert_20140622180647.jpg

基本、草ボーボーみたいなお寺ですけど、明月院より楽しかったw




人気ブログランキングへ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

鶴岡八幡

そろそろお腹もすいてきました。
建長寺の周辺には、お高い鉢の木と全然お客の入ってないそば屋と、法事もできるコーヒー店、カレーがおいしいフラワーショップみたいな、よくわかんない店しかありません。
でも、すごくお腹がすいたので、もうそれでも良いかと覗いたところ、誰もいない蕎麦屋以外はみんな並んで待ってるお客さんがいて、じゃあ鎌倉に出ようかと言うことになりました。



ちょこっと歩いたらバス停1個戻ってしまいましたが、12:01の鎌倉行きが来るというので、あと5分ねと言うことで待ちました。
待ちました。待ちました。待ちました。炎天下のバス停で12:15になっても来ません。
こりゃあ、電車で1駅行った方が早いんじゃない?とみんなすきっ腹なもんだからセッカチになって。
じゃあ、北鎌倉に戻ろうかと100m位歩いたところ
「バスがきた~」と走ってもどりw

結局バスで2停留所で鶴岡八幡の裏に着きました。

ちょっと思ってたらより若宮大路からは離れた場所だったんですが、ま、いっか。
ここは八幡様の裏の方の林です。
良い風が吹いてきました。

DSCN5729_convert_20140622133429.jpg

と落ち着いたと思ったら、舞殿の前まで来たらまた遠足だよ。
小学生、足引きずって、わざと足ひきずってじゃり道をあるくので、ものすごい土埃です。

DSCN5730_convert_20140622133552.jpg


コンペイトウ屋においてある飴は海外でも見たことのある日本の金平糖とは違うもので。

DSCN5731_convert_20140622133631.jpg

あるあるとは聞いてたけど焼銀杏屋。

DSCN5732_convert_20140622133716.jpg

こちらは今のシーズン限定、ブドウ飴。巨峰に飴がかかっています。
一人で来てたら銀杏とブドウ飴は買ったかも。

DSCN5733_convert_20140622133801.jpg

で、ここまで来たから八幡様の前の紅谷でくるみっこを買おうということになり、

要するにそれはフロランタンだから、まぁ美味しいので買うけど、
鎌倉感がしない。

昼に買いに行って、もう今日はバラ23個と30個入りの箱しかありません。
じゃあバラ、私が10個、残りはあなたの、あ、ごめんもう一人の分がないね、などともめていたら、
「賞味期間が違うのだったらあと5個あります」え?

photo1_2.jpg

で、お昼は蕎麦が食べたいというので小寿々(こすず)に向かったところ、並んでる。
それもタイ人旅行者20名ほど。ガイドさん、紹介しないで!

じゃあ、俳優の夏八木勲が愛したカレーと言うのを食べようかとキネマ堂へ。
おじさん一人じゃ対応しきれずテーブルも片づけられない。
テーブル片づけるから外で待っててくださいと言われて出たけど、中で食事が出るのを待ってる人もいて、
「これじゃあいつ出るかわかんないね」と撤退。

実は、ハトサブレーの豊島屋の裏路地が昔からやってる店やら、新しくできた小さい店やらがあって、
結構穴場。
しかし、そこもマグロ・シラス丼などと1000円前後で出しているもんだから、私たちが着く寸前で満席。
どの店も満席。
そこで、稲庭うどんのゆき江へ。
81歳のおかぁさんのお話聞いてつるっと稲庭うどん食べて850円。

鎌倉で1000円以下で食事できるのはめっけもんです。

さて、次は長谷に向かいます。


人気ブログランキングへ






テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

建長寺の庭とイワタバコ

山門、仏殿、法堂と縦に並ぶ伽藍で、その奥には方丈(龍王殿)があり、その向うに池がある庭があるので、
では、庭を見ましょうと入って行きました。

写真は方丈の前にある唐門です。
こういうのに金かけるなら仏殿の修復をしろと思うのですが、違うんですかねぇ?
これを作る位は用意できるけど、修復費用ほどはまかなえないとかですかね?

DSCN5725_convert_20140622133210.jpg

で、ここがお庭、方丈庭園、国指定の史跡です。夢窓国師の作で、京都の苔寺(西芳寺)もこの人の作です。
写真では写っていませんが、燕が飛んできて水面をかすめ、渡る風も心地よく、ゆっくりできそうな場所です。
小学生の遠足さえいなければ。

DSCN5724_convert_20140622112414.jpg

小学生の遠足は建長寺で11:30位からお弁当を食べ班行動で見学をします。
鎌倉市の史跡ボランティアの方が班について説明しているので、おとなしくはしていますが、
班行動に遅れた少年が走って追いかけたり、おせっかいな少女が説教したり、静寂とはいいがたくw

方丈では、臨済宗建長寺派の寺社の若手の和尚さんたちによる説法会が行われ、
一人15分の持ち時間での坊主の説教を無料で聞くことができます
午前から午後まで続くので聞きたい人のためにお弁当を販売していました。
700円の崎陽軒シュウマイ弁当でした。

唐門の向う側には鉢に入った睡蓮がありました。
まだ早いね。

DSCN5727_convert_20140622133303.jpg

そのまま行くと玉を持った観音様。
その前をそのまま歩いて行くと鎌倉学園高校に入ってしまうので、警備員の人に注意されます。
注意されなくちゃわからないんですけどね、帰り道には出ないらしい。
植え込みに左っていうか、参道を歩いて帰りましょう。

DSCN5728_convert_20140622133346.jpg


表題にあるイワタバコですが、
「この時期鎌倉に来てイワタバコ見ないって言うのはウソだわよ~」と例の地元事情通のおばぁちゃまがおっしゃるのですが、
それは建長寺、東慶寺の水の流のそばに崖のようなところにある小さな星のような花だそうです。
建長寺では、方丈庭園の裏の石垣にあると言われても、、、、入ってよかったのかね?

イワタバコ

kentyoji-iwatabako1.jpg


人気ブログランキングへ


テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

建長寺の重要文化財とか

建長寺建立から750年の柏槇の木、新日本銘木百選。
びゃくしん と読みます。別名伊吹。って言われても知らないけど。
なかなか大きくならない木で巨木になるまで修行を積むことが禅に通じるという木だそうです。

DSCN5715_convert_20140622111810.jpg

仏殿にあるご本尊、 地蔵菩薩坐像 。木造、室町時代のもの、です。
14世紀~15世紀のもの、と言うことは、イタリアルネッサンスのころと同時期。
ちょっと修復してあげてください。

DSCN5717_convert_20140622111928.jpg

鳳凰らしい。
修復しないのかしら?このままだと消えるのは時間の問題。
仏殿は国の重要文化財で、芝にあったお江の方の霊廟を建長寺が譲り受け移築したものです。

DSCN5718_convert_20140622112046.jpg

仏殿の後ろにある建物は法堂(はっとう)です。
その中、千手観音と釈迦苦行像です。
苦行像はミャンマーからの贈答品とかで、比較的新しいものです。
両脇の壺も最近のいただきものっぽいです。

DSCN5721_convert_20140622112626.jpg

禅寺の天井に雲竜図を掲げると決まっているのに、この寺にはなかったので、
そこで、建立750周年事業で鎌倉在住の画家、小泉淳が作制作し、1996年に天井が出来上がりました。

DSCN5719_convert_20140622112121.jpg

DSCN5722_convert_20140622112204.jpg

ちなみに雲竜図のある法堂は県の重要文化財です。


人気ブログランキングへ







テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

建長寺へ

明月院から表通りに出ると←建長寺と言う標識があったので、すぐ着くかな?と近いかな?っと歩いて行きました。

遠かった!

歩かずに、江ノ電バスの大船発鎌倉行きにバス停2つ3つ乗って「建長寺」と言うバス停で降りるのが良いでしょう。

DSCN5711_convert_20140622111530.jpg

こちら拝観料は300円です。

DSCN5712_convert_20140622111605.jpg

こんなに広いお寺に来たのはす~~~んごく久しぶりです。
海外で大きな教会を見てすご~いとか言う前に日本のすごいの見とけって話ですね。

山門(三門)です。
楼上には、釈迦如来・五百羅漢・十六羅漢が安置され、その下を通ると心が清らかになると言われています。
(明月院は臨済宗建長寺派で同系列です)

DSCN5713_convert_20140622111640.jpg

行ったのは20日金曜日の平日です。
土日に比べれば空いているかなと行ったのですが、盲点があった。
小学校6年生の遠足。
いや~この子たちですでに4校目くらいかな?

触っているのはおびんずる様。
釈迦牟尼の弟子、十六羅漢の筆頭の人です。

しかしな、そこの小学生、あんたら痛いとこなんかないでしょう。
早くどきなさい、おばちゃんたちはね、腱鞘炎なの。

あれ、よく見たら歯が痛い子がいたみたいw

で、PCやレジの打ちすぎによる腱鞘炎の箇所は袂で隠れて触れないっというね。

DSCN5714_convert_20140622111725.jpg



人気ブログランキングへ

続きを読む

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

明月院の庭と噂話

明月院です。
拝観料は普段は300円ですが、6月は大人500円、子供300円になります。

DSCN5696_convert_20140621134935.jpg

この寺は北条時頼の建てた寺をその息子の時宗が禅興寺と言う大きなお寺にしたものでした。明治時代に廃寺になり、明月院のみ残りました。
時宗の墓所はどこにあったのか、人が多すぎてわからずじまいでしたw

DSCN5699_convert_20140621135205.jpg




DSCN5701_convert_20140621135132.jpg

この茶店、お茶室ではなく茶店、高い茶店です、は何年か前に建てられた新しいものです。

DSCN5702_convert_20140621135250.jpg

明月院と言えばこの階段。
記念撮影をする人が多くそれも混雑の原因。
それにしてもこの寺のアジサイは青ばっか。ヒメアジサイ。

DSCN5705_convert_20140622094159.jpg

門をくぐると本堂に出ます。
こんなに人いたんだ!w

DSCN5707_convert_20140622094234.jpg

本堂の丸窓から裏庭が見えます。
裏庭はあやめの田んぼになっていて、時期のみ入れます。別途500円かかります。
混雑の中戻ることもできず入ってしまう人もいるようで、
地元の人は最初の拝観料500円と合わせて
「押されて千円」と揶揄していましたw

DSCN5708_convert_20140621134500.jpg

もうアジサイの時期は過ぎてしまったようで、日蔭でもふちが茶色くなってきていました。

DSCN5709_convert_20140622103058.jpg


DSCN5710_convert_20140622103140.jpg

明月院へ行っての感想。
もう来年は来なくて良いや。

あえて色は青で揃えてるとかなんとか言ってるけど、他の寺に比べて手入れが行き届いてないのは明らか。
花が小ぶりで勢いが悪い。だいたいクモの巣張ってるしw ありえないだろ~w

地元の事情通のおばぁちゃまによると
「アジサイの時期だけ値上げするでしょう?あれで1年暮らせるって話で、先代の住職は台湾行ったっきり帰ってこなくなっちゃったわよ。
入り口の前に公衆電話ボックスが急にできてね、先代の住職が株の売買初めて、お寺の中じゃ電話しずらいからボックス作ったんじゃないかってね、ほほほ」

いや、面白かったぜ、明月院。


人気ブログランキングへ

テーマ : 花めぐり
ジャンル : 旅行

明月院への道

ニッシム・ド・カモンド美術館の説明の途中ですが、昨日鎌倉に行ってきたのでその情報をUPします。
毎度のことですが、ぶった切って申し訳ありません。

変わらないパリと違って日本の、それもお花見関係は旬を過ぎた情報はなんの面白味もなく。
そんなわけでパリの話は後日に回しても良いかなっと。

鎌倉のアジサイの花は7月1日から全て刈り取られてしまいます。
それと、今年は夏日が続き、花はほぼ終わりかけ。
今週の土日が限界でしょう。

と、言うわけで、このところ行っていなかった北鎌倉に行ってきました。

新宿発9:03の湘南新宿ライン大船行きに乗りました。
満員で埼玉方面から到着した電車は新宿でほぼ人が入れ替わり、すし詰めと言うほどではない程度の満員電車で出発。
渋谷、大崎と過ぎていくとほぼ立っている人はいなくなります。
10:06に北鎌倉到着。
しかし、編成が長い列車なので、改札口が一か所の北鎌倉駅でホーム渋滞が発生。
ここでまずつっかえます。

DSCN5690_convert_20140621134555.jpg

改札を出ると円覚寺はすぐそこ。
でも、アジサイの時期、明月院は平日でもどうかすると入るのに10時で1時間待ちになるという噂だったので、
まっすぐ明月院へ向かいます。
道は人の流れに流されていけば到着します。

DSCN5691_convert_20140621134627.jpg

女性ばかりのように見えますが、実は杖をついた70代くらいの男性グループも多く、
聞いてみたら職場のOB会の旅行と言うのがほとんどでした。

ふと左をみるとおしゃれな建物が!

DSCN5692_convert_20140621134703.jpg

イラストレーターの葉祥明さんの美術館です。
入場料700円です。
う~む。。。。高いっ!っていうか料金取る?原画がどうしても見たい人は払うんだろうけど、う~む
百貨店で売ってるのたくさん見てるからな~今更っていう?

DSCN5693_convert_20140621134735.jpg

すると明月院の列を整理する最後尾の看板が放り出してあったので、今日は待たなくても入れるとほっとして。

DSCN5694_convert_20140621134808.jpg

左を見るとなにやら風情のある落ち着けそうなお店が。
鎌倉気分ももりあがってきました!

DSCN5695_convert_20140621134844.jpg




人気ブログランキングへ
プロフィール

Rachel

Author:Rachel
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1770位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
567位
アクセスランキングを見る>>
お散歩人数
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。