スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イザ、最後の投稿 マーがレッツ・カフェ

さて、道に迷ってばかりの旅を続けている私ですが、

イザブログの投稿もついに最後になってしまいました。

 

それも、やっとカフェが見つかったっていうw

 

カルサーダスにばかり気を取られていると見逃してしまう案内版。

しかも、この案内板を遮るかのように宝石屋の看板がでています。

 

 

 

ラクダかクジラのカルサーダスがある交差点の宝石屋から八角亭に向かう大きな海岸通りを行きすぐの横丁を入ったあまりきれいとは言えないような食堂街にあります。

 

 

歩き始めたばかりなのに並んで時間をつぶすのも勿体ないのでまた後で来ることにしましょう。

 

と言うことで、こちらのブログは終了です。

産経新聞社の皆様お世話になりました。

 

続きは、FC2で。

読者の皆様、今後ともよろしくお願いします。

 

http://racheltravel.blog.fc2.com/

 

最後にブログランキングクリックしていってください。

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

 

スポンサーサイト



大きな海岸通り

カルサーダスに気を取られていたら、目的のマーガレット・カフェを通り過ぎてしまったようです。

八角邸に出てしまいました。

ビリヤード場だったところを市が買い取って今は図書館として使っています。が土曜日はお休み?

 

 

 

弧を描いている大きな海岸通り(avanida da praia grande)20世紀まではここが海岸通りでした。

 

 

フランスの水飲み場と同じものがいきなりありました。

左はサンフランシスコ庭園です。

 

 

ちょっと小高くなっているのは昔このあたりが海岸線だったころは突き出た岬でした。

その岬にオランダの攻撃からマカオを護ためにポルトガルが作った砦壁です。

 

ピンクの建物はミリタリークラブです。

元はポルトガル人のための施設でしたが、今は解放され、レストランで食事ができます。

 

 

ミリタリークラブです。

毎週日曜日はランチビュッフェになっています。

12:00~15:00です。

明日来ようかな?

 

 

マーガレット・カフェを探して大きな海岸通りを戻りました。

 

街路燈には中華風なランタン。

 

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348


人気ブログランキングへ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

また道に迷いました。

次は聖ロレンス教会です。

ドン・ペドロ5世劇場から道なりに坂を下りていくと三叉路に出ました。
左に曲がる路地から外国人観光客が来たので、そっちだと思って左に曲がりました。

違った。

マカオ特別行政区政府の建物です。

DSCN3474_convert_20131229133208.jpg

せっかく海沿いの道に出たのだから、このまま進み、また右に曲がれば良いと思ってそのまま進みました。

以前来た時にはなかったマカオ・タワーが見えます。

DSCN3475_convert_20131229133252.jpg

坂の上の南欧風の雰囲気とは違って、ここは中華。

DSCN3477_convert_20131230083937.jpg

この神棚っていうか、香港より多いですね。

DSCN3476_convert_20131229133337.jpg

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

マカオの石畳

石畳はカルサーダスと言うそうです。

最近になって頑張って埋め込んでるそうです。

そうだよね、ポルトガルは貧乏だからマカオの道路までお金は回らなかったよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、マーガレットカフェはいずこ?

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

 


人気ブログランキングへ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

マーガレット・カフェに行こうかな?

ホテルの裏手に出てみました。

ギア灯台が見えます。ホテルより低いけど、フェリーの航路方面にはさすがにホテルは建っていません。

 

 

繁華街なのに学校、中学かな?

タイ料理の店なんかあったんだな。泰国美食。

 

 

学校はミッション系。

マリア様、今日も一日お守りください。

 

 

グランドリスボアを横から見たところ。

金色でギラギラです、ここまで来ればもうね、品がないとか、趣味が悪いとか通り越して立派です。

 

 

マカオは元ポルトガル領でしたから、道路標識はポル語表記のあるアズレージョ(ポルトガルタイル)です。

 

 

ふらふら歩いていたらホテルリスボアの正面玄関に出ました。

すごいという噂の・・・すごいw

昼間からギンギラ、ぴかぴか。

 

 

 

 

さっき横を見たグランドリスボアです。

 

 

ペディ・キャブ(人力三輪車)もあります。あまり乗る人はいないのか、いつもここは満車です。

 

2年前にはフェリーターミナルにもあったようですが、私は気がつきませんでした。あんだけバンバン送迎用シャトルバスが出てたらね。宿泊しなくても乗れるし。

 

 

グランドリスボアの下を通ってまっすぐいけば、エッグタルトで有名なマーガレット・カフェまで歩いて5分。

 

 

あ!

リスボンと同じ石畳。

 

 

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348


人気ブログランキングへ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

マカオ、メトロパークホテルお部屋案内

結局タクシーで22HKDほどでホテルに到着しました。

メトロパークホテルです、中国名は維景飯店です。

この水は無料なのかなぁ?

こちらのホテル緑茶とプーアール茶のティーバッグが2つづつありました。

 

 

Rになっているコーナーがあります。

 

 

ツインもしくはダブルだったので今回はダブルにしました。

 

 

テレビはシャープ。

 

 

バスルームのスイッチがわからないので真っ暗。

バスタブ付でカーテン式です、写真ありませんが。

 

 

アメニティーはオリジナル。櫛があるんですね、中国のホテルは。あとシャワーキャップ。もう使わないものだらけ。

 

 

ドライヤーは据え付け式、風量は1200位。

 

 

やっとバスルームの明かりのスイッチがわかりました。

カードキーを差し込む口の下でした。

 

 

冷蔵庫は質素、有料ですが取りっぱぐれてると見たw

 

 

クローゼットには傘もあります。持って帰るなとか書いてありました。

 

 

薄っぺらなスリッパと靴磨き用の不織布。これも最近はみかけませんね。

 

 

そして眺めは隣りのアパート。

 

 

 

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

 

 

マカオ、メトロパークホテル

ホテル代の高いマカオで、特に土日は高くなります。

それでも空きはほとんどない、カーサレアルホテルと言うホテルが比較的安い。

しかし、周辺に何もない、あるのはガソリンスタンドのみ。 

フェリーターミナルの脇にディズニーシーの火山みたいのがあったので、そこら辺まで発展するだろうという予測でもあったのでしょうか?

 

で、セナド広場まで歩いてでもいけそうな場所で、安全で比較的安いホテルを探したらメトロパークに行きついたというわけです。

 

入ってびっくりw

写真だとよくわかりませんが、もっとなんかギラギラしてて、すごかったんです、第一印象が。

 

 

金銀の置物、豹と虎?

 

 

一昔前っぽいツリー。

 

 

 

レモンの入った水と、赤いスモモのジュースみたいなものを水で薄めたものが無料で提供されています。

この時点ではなにもおかしくはありませんが、飲み物が亡くなっても補充せず、使ったコップも下げません。

そういうところが中国。

 

 

エレベータホールです。

 

 

 

 

エレベータは三角の吹き抜けを登っていきます。

落下防止の網はイルミネーション付。 

 

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

マカオへ出発

 朝6時ごろから歩き始めてやっとお粥食べて戻ったのが9時半くらい。

お粥煮るところからつきあってたのかって話ですw

 

戻る途中、隣のペニンシュラの裏をパンダバスが走っていました。

昔のボロバスに比べずいぶん良い車になりました。

なんか虫みたいな触覚があります。 

 

 

 九龍のフェリーターミナルから行こうと思いましたが、

朝っぱらから歩きずめだったのでタクシーで行きました。

HK$24.5でした。

トランクはそのまま持っていきました。

 

ターミナルにはお店がたくさんあって、あのおいしいパン屋さんもありました。

帰りに買いましょう。

 

 

チケットは、買おうとしたら案内のおばさんがいて、マカオはこっちで買えるからとか言って端っこまで連れていかれました。

他の人は正面の窓口に並んでいます。

 

怪しいと思ったけど、ついて行き、ある旅行会社のカウンターでHK$160で10:00のを買いました。

そのカウンターの時計を見たら9:50.

あと10分で出国して埠頭まで行く?できるの?

「大丈夫です。Hの窓口へ行ってください」

 

と言うのでHを探すが遠い。

 

走った走った!

乗る船の行き先と時間が書いてあるのでその窓口はわかり易くなってはいます。

 

そのHのデスクで座席を決められ、まっすぐ行くとパスポートコントロール。これが時間がかかる。

もう無理じゃんと時計を見たらあれ?9:40.

さっきの旅行会社の時計が違ってたんじゃん、なんだよ。

 

後ろにいる中国人男性がマナーがなってないというか、人との距離がわかんないっていうか、前へすすもうと靴は踏むわ、蹴飛ばすわ、息は頭に吹きかけるわ、もうあんた痴漢?って位感じ悪くて、でも本人それわかってない田舎もんで。

 

振り向いてにらんで距離とってみたいな振りしても理解不能だったらしい。

 

でやっと出国できて、次、どの埠頭から出るのか掲示板を見たら6番。

お休みの日の単身赴任駐在員っぽい日本人男性2人が、「マカオは6番だな」と言いながら行ったので私もそのつもりで速足で行ったら6番は中山行。

 

中国人の女の子のグループが第6埠頭の係りの人にマカオは?って聞いたら一番向うの12番!

 

全員でダッシュ(爆)

しかし、さっきの駐在員っぽい人は中山行に乗って行ったのですが・・・・どうなったのでしょうか?

 

 

 

走って入ったら荷物はテレビの下に置けと、係りの人言われ置きに行ったけど柵の中には場所がない。

でも、その柵の外でもいいらしい。近くに並べとけば。

 

 

写真だとわかりにくいですが、船を降りてから建物まではかなりの傾斜があるところを行きます。

昔はもしかしたら階段だったのかも?

 

 

ふと向う岸を見たらディズニーシーの山みたいのを壊してる。マカオにも陰りが見えてるのかしら? 

 

 

パスポートコントロールはスタンプなしです。

その代り小さな紙をくれるので、それを出国まで大事にもっていましょう。 

 

帰りはチケット売り場も出国も2階です。

 

 

綺麗な案内嬢がシャトルバスの乗り場を案内しています。

いったん下がって地下道を通った向うにバス乗り場があります。

 

 

 

 しかし、まー何もしない案内嬢で、エスカレーターが修理中だったのですが、荷物を持ってる人は左のスロープを進めばエレベーターがあるのに、そんな案内は全くしてくれません。

重い荷物を持って階段を降りるのに気遣う風もありません。

ただっ立って自分とこのホテルの案内を渡すだけ。

 

 

 地下道を通るとエスカレータ上っていきます。

そこはリスボア、グランド・リスボア、MGM, ウェスティン等の高級ホテル。

 

私の泊まるような1泊2万円台(これでも安い)のホテルは階段からまっすぐではなく、階段の裏?っていうか戻る方向に来ます。

 

ホテルの英語名のみ覚えていくとバスが見つからなかったりするので注意。

また、各ホテルに係り員がいますが、自分のところのことしか知らないので、聞いても無駄。

総合的な係り員は到着した建物のインフォメーションにしかいません。

その人たちは、原則の事しかわからず、今日の状況とか、さっき出たばっかだから30分待てとか、そういうのはわかりません。

 

 

 

 

結局1時間も待ったのに来ない。

同じくウロウロしてるおじさんがいたけどその人はあきらめてタクシー乗り場に行ったようなので、私もそうすることにしました。

 

タクシー乗り場も結構混んでます。HK$22.5かけてホテルに行きました。

 

メトロ・パークホテル、維景飯店がその中国名ですが、そんな名前のバスは来てなかった。

待ってた場所が違ったんでしょうか?

 

 http://blog.with2.net/link.php?1035348

Merry Christmas

 マカオのホテル、リスボアの正面玄関です。

 

 

うちの近所の一般家庭。

 

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

 

プロフィール

Author:Rachel
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1576位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
499位
アクセスランキングを見る>>
お散歩人数
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。