スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピカソ美術館

そう言えば、ピカソ美術館修復そろそろ終わってるはずだよね、見に行くの忘れちゃた、しくったな~と思ったけど、もう入るだけの時間もなく。

 

でも行きました。

 

しかし、閉まってました。

 

当初2年を予定して2009年の8月から修復のため休館していましたが、2年以上たってますが延期になり2013年12月までになりました。

 

ここに行った時は、あ~まだ工事終わってなかったかぁ、位の感じでしたが、延期になってたんですね。

12月よりもっと延期になりそうな予感~~。

 

 

と思ったら、壁に猫の下絵。

 

 

下のがリスボンにあった猫の絵。

 

 

 マレ地区にあったのはサインないけど本物なのかなぁ~?

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

スポンサーサイト

最後のマレ地区散歩

 最後の買い物をホテルにおいて、頼んでおいたpick up busが来るまでの間、マレ地区を散歩することにしました。

 

サンポール教会ともこれでしばらくお別れです。

 

 

フランブルジョワ通りとかに行かないとマレ地区はあまり面白くないただ建物が古いだけの街です。

 

 

 

 

カルナヴァレ館の中庭に入ってみました。

するとこんなところにルイ14世の像がありました。

ブルボン朝最盛期の王で太陽王と呼ばれてる人です。 

 

 

ヴィクトワール広場の騎馬像と同じ人です。

 

2年前に撮った写真↓

 

 

  

 カルナヴァレ館はパリ歴史博物館なっています。

ただ、もう入っている時間がないのでショップだけに行きました。本屋でした。

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

 

 

 

ピエール

こんなところでビエールエルメの名前を見るとは!
昔のビエールカルダンを彷彿とさせます。
皿、エプロンからトイレのスリッパまでw
今度のビエールはどこまで頑張るか?

また行き忘れたところ

 今回のパリは古い建物を探して歩きました。

そして、一度も買い物をしたことがない街によくあるお土産物屋さんでマグネットでも買おうという目的もすっかり忘れていました。

前通ったのにw

 

こういうお店によくある帽子系のお土産。

自分用に買うならまだしも、パリのコック帽とか、ヴェネチアのゴンドリエのカンカン帽とか、

もらったら迷惑な 嫌げ物の代表でしょう。

ちなみに嫌げ物の王様は中国の天津甘栗チョコでしょう。

 

 

パリ初心者のころはこういうお店にお世話になったもんです。

日曜や夜間には今でも水やフルーツを買いに寄りますが、

今はほとんど行かなくなりました。 

 

でも、こういう店に以外と可愛いキッチン用スポンジがあったりするので結構あなどれません。

 

 

 

 

パリで一番古い教会のうちの一つ?、サン・ジュリアン・ル・ポーブル教会に行こうと思ってたのに、す~~~っかり忘れていました、前回のパリ行のころからず~~~っと。

それも前を通ったりしてるのにw

 

隣りをよく見るとコロンバージュの家が実はあるらしく

それを見たかったなと。

他の2件のコロンバージュはガイドブックやらなにやらに載っているのに、なぜかここの話は全然出て来ないんですね。

 

今回は木組みの家シリーズだったので、まとめて行きたかったなぁ、バカ>私

 

 http://blog.with2.net/link.php?1035348

 

 

 

アントワーヌの傘とモノプリの保冷バッグ

 カルチェ・ラタンからホテルのあるマレ地区へ戻りました。

 

あら?あれは、アントワーヌの子供用の傘では?

雑貨屋さんに卸してもいるんですね。

 

 

 

 買い忘れたものがあったので、サンポールのモノプリに行きました。

 

朝食に出てたイチゴとラズベリーのミックスジャムを買いに行ったのですが、店についたら忘れていてw

店頭に新柄のエコバッグがあり、それでうっかり目的を忘れてしまったのです。

 

春先に出る限定の花柄です。

 

 

それで、そういえば保冷のエコバッグもあったなと食品売り場に行ってみたら、

私が欲しかったファスナー付のものはもうなくて、

ビニールのなんだか簡素なものに変わっていました。

 

 

アメリカのある州ではエコバッグの持ち込みが禁止になったそうです。

それは、パックをしていても肉は汁が出てしまう、冷凍食品も結露する。でその血液とかがついたままにしたエコバッグに細菌が発生し、食中毒になる人が増加したものだから法律で禁止したと言う話らしいのです。

 

そういう問題があるからモノプリでも以前のがっちりしたビニールコーティングの保冷バッグは無くなったのかな?などと思いました。

 

あれ、鎌倉のユニオンスーパーに来るお客さんは持ってる人が多くて、

やっぱ夏には必要だなと思ってたんですけどね、残念です。

 

 

っと思ったら、新しいデザインのものがでてました。

 

寒い時期に行くと品切れの場合が多いのかも?

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

 

 

 

フランス人はインゲンが好き?

ミュチュアール・モーベリテのマルシェです。

ここは、火・木・土の7:30~午後の早い時間までやっています。

 

他の曜日はモンジュ通りをちょっと先まで行ったところでやっています。

 

ステーキを注文するとフレンチ・フライ(フリット)が山のように来ますが、半分は他の野菜にしてほしいというと

これまた山のような茹でインゲン?インゲンのグラッセ?が来ます。

どっちにしても食べきれません。

 

インゲンはharicots verts だったかな?

 

 

アーティチョークもありました。

フランスだとイギリスと同じように葉っぱ?だか額だかよくわかりませんが、1枚ずつ剥いで根本を歯でこそげとって食べるのかしら?

 

マッシュルームも旨そうです。

 

 

なんかここのマルシェは高いような気がします。

 

 

 

野菜の他に雑貨や瓶詰類もあって、かごのマルシェバッグは日本で買うのと同じ位の値段がしました。

マスタードなんて、当時ユーロが安かったせいもありますが、日本で買うより120円位高かったので、

そういうものは観光客相手の値段になってるように思いました。

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

 

カルチェラタンのエリックカイザー

過去2回ミュチュアール・モーベリテ駅近くのホテルに滞在したことがあり、

このあたりの道はいくらなんでも覚えてると思ったのに、

エリックカイザーが見つからず、ウロウロキョロキョロして歩き回り、やっと見つけたぜ、エリック!

(モンジュ通りのセーヌ河よりの方だから普通の人はすぐ見つかります。赤い車の後ろ)

日本も大黒摩季の弟さんが経営してるエリック・カイザーがありますが、どんどんお店が減っていて・・・

 

ハムとチーズがバゲット?ではないかな?もう少し太いフランスパンにはさんであるだけのサンドイッチがここのが一番おいしい。

トマトやレタスが挟んでないので、ある程度の時間持ち歩くには水っぽくならずここのが一番!

と言うことで、飛行機の中で食べるためにいつも帰りには買っていくのですが・・・

 

 

あっちにはなかったので、同じ通りにあるもう1件のカフェ方に行きました。

 

 

・・・・・

 

 

パンが変わってた。

バターロール生地みないな柔らかいパンで小さい。

 

 

これじゃないっ!

 

 

 せっかく来たので仕方ないから買いました。

あたらしくなったシャンボン・オー・フロマージュ

美味しかったけど、あれじゃないのよ!私がパリで食べたいのは!

 

 

もちろん日本のエリックでは扱ってなくて。

 

じゃあ、ミルフィーユでも復活してるかと思ってみれば、

やはり無く。

ここのカスタードクリームは日本のそれとはまったく異なると言って良いほど美味しかったのに、カスタード系のケーキは全く無し。

 

あ~~ぁ。。。。

 

メトロでマレ地区に戻りましょうと駅まで行って、

ついでにマルシェをひやかすことにしました。

 

 

それにしても、カルチェラタンからはマレ地区はすぐ川向うなのに、なんだかえらい遠回りしないと帰れません。

 

それか、

歩いて橋渡るか?

 

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

 

シャルドネ教会

この教会は、旅行ガイドに載っているわけもないので、

訪れる日本人旅行者は少ないと思います。

17世紀に建立された教会で、コローの絵があるとか言ってる人もいますが、私は見つけられませんでした。

 

両脇にある祭壇に他の教会では見かけたことのないものがありました。

 

 

 銅像ではなく、布地の服を着たお人形さんです。 

聖書の中に子供が亡くなった話なんてあったかなぁ? 

 

 

しかしながらこう言う正統派の聖母子像もあります。

 

 

  

 

パイプオルガンは小さ目。

 

 

ここは伝統的カトリック教会です。

袖なし、ミニスカート、短パン、バミューダパンツは禁止。

クロップドパンツはどうなのか?

微妙なところです。 

 

 

 http://blog.with2.net/link.php?1035348 

ロートレックが見たい。

また脱線ですが、

 

ペンシルバニアのバーンズコレクションにも、シュザンヌ。

 

 

で、こちらの絵の本物が見たいわけですが、どこで所蔵しているのかわからず。

 

どなたかご存じの方教えてください!

 

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

 

海外進出?

パリ13区の取り壊しになるビルをアーティストに開放した期間限定の展示会、と言う催しが先月あったそうです。

 

http://www.francetvinfo.fr/culture/expos/tour-paris-13-l-exposition-qui-s-autodetruira-dans-un-mois_425003.html

 

大友克洋風のが多いように思うのは気のせいですか?

フランスの人物がってこんなんじゃなかったように思うのは私だけでしょうか?

日本の漫画、コミックの影響大きすぎませんか?

 

私は今、銀の匙と言う北海道の酪農高校の漫画にはまっていて、同じ作者の他の本は?と探したら鋼の錬金術師を書いた人でした。

 

っとどうでもよい話でした。

 

 

プロフィール

Rachel

Author:Rachel
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
433位
アクセスランキングを見る>>
お散歩人数
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。