スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メゾン・カーマルツェルの朝食

メゾンカーマルツェルの朝食はどこで食べるのかお、レストランはイスをテーブルの上に乗せ、床磨きの水でびしょびしょです。

 

朝食はどこで食べるのですか?と聞いたら、ルームサービスのみです。とのことで、

コンチネンタルか?コーヒーでよいのか?と聞くから思わず、はいと答えてしまい、あれ・・・卵とハムが食べたかったな・・・

 

と思ったけど、まぁ良いかと部屋に戻ったら、すぐに私服でバッグを提げたままのオバちゃんが届けてくれました。

 

 

クロワッサン、パンオーショコラ、丸いフランスパン、エスカルゴ。

 

バターはお安いプレジデント。

ジュースは酸味のある普通のオレンジジュース。

 

 

エスカルゴはカスタードクリームが甘すぎてたべられませんでしたが、総じて美味しいパンでした。

 

ついでに昨日ラスパイユのマルシェで買ったさくらんぼを食べました。

日本で買うアメリカンチェリーより皮が薄く酸味もあり、佐藤錦に近い味でした。

なかなかおいしいさくらんぼでした。

 

 

そうそう、あの大聖堂前から見えるメゾンカーマルツェルの古い建物の方の部屋には、下からこの階段で登って行くようです。

 

 

私の部屋は厨坊とトイレの間にあるエレベータを使いました。

降りていったら、パレットに乗った18Lペール缶50個近くの生クリームが納品されていました。

写真、撮り忘れてしまったのが残念。

 

そして、また大聖堂へ。

まるで熱心な信者か、研究者のようです。

 

今度は入り口から1本ずつ柱の根元を見て行きました。

 

あれ?なんかある!

 

 

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

スポンサーサイト

ストラスブール、朝めし前の鹿薬局

メゾン・カーマルツェルでの夕食は、最後の方は頭がガンガンしてきて、

早く部屋に帰りたくてしかたなく、つらい夕食でした。

 

夜はまだ寒くて、窓は締め切っていました。空調があまりよくないのでしょうか?

 

日本だと6時には明るくなるのに、7時近くなってもまだ薄暗く、人もいません。

そんな中、鹿薬局を探しに出ました。

 

 

ホテルの前は大聖堂。

また来たよ!

 

 

7時になったらドアが開いたので入ってみました。

 

 

本日の一番のり!私の他にはかかりのおじさんと、掃除のおばちゃんだけ!

なにかカンカン音がしていました。

 

なにやってんのかな?と気にもせずにいました。

掃除のおばちゃんがカラクリ時計の前の金網にしがみついていました。

あとになって、とても惜しいことをしたことがわかりましたが。

 

 

祭壇の方に進んでいったら、一番前の席にホームレスみたいな人が座っていて、ぎょっとしました。

前の晩からいたのですか?

一旦大聖堂から出ました。

 

昨年歩いた時に鹿薬局と日本語で窓に書いてあるお店があったので、そこの建物が古いのかと思って、思い当たる通りをぐるぐる歩きました。

 

お!この建物かな?

 

っと思ったら・・・・

 

 

 

 

ぐるット回ってもといた場所に戻ってて、自分の泊まってる建物でした(爆)。がっくり。

そして、同じカーマルツェルでも私の部屋がある建物はそんなに古くないことに気がつき、2度がっくし・・

 

そして、また大聖堂に入りました。

前回さがせなかった3つ目の謎をさがしに。

 

いつも真っ暗でよく写らない見張りをさせられてる人。

 

 

頭をなでるとまた来ることができる犬。

 

 

前回は気がつかなかった入り口入って左にあるピエタ。

そして、5月の花はカラー

 

 

なかなか美しい像です。

 

 

こんなのもあり、

 

 

 結局、探している柱を支える人は見つからず、ホテルへ朝食をとりに戻りました。

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

メゾン・カーマルツェル 夕食

夕食です。

 

満席だったので、他のお客さんの迷惑にならないようにフラッシュ焚かなかったので、写真は真っ暗。

 

まずは、天井の模様と照明。

 

 

 

壁の絵と、カウンターにおいてあった花。

 

 

 

ワインは白、リースリングです。

グラスはアルザス風のもの、これ、モノプリで1,5ユーロ位で売ってます。

 

 

宿泊プランの夕食は、前菜、メイン、デザートは何種類かある中から選舞踊になっています。

 

前菜はオニオンタルト。

また食べる前に写真を撮るのを忘れました。

 

味は、キッシュロレーヌのたまねぎ版。

美味しかったです。

 

 

メインは、アルザス料理、このレストランはこの料理で有名、シュクルートです。

 

何種類ものハム、ソーセージの下にザワークラウトがあります。これだけで30ユーロくらいなので、宿泊プランは大変お得です。

 

小さいソーセージと長いソーセージを半分食べて、手前のハムを食べました。

ものすごく塩辛くてびっくり!

 

その後、向こう側にある黒いソーセージを食べました。

一度食べてみたかった脂と血で味をつけた?黒いソーセージ、ブーダン。

 

これで撃沈。

 

私はレバーが食べられないわけではありませんが、この味はムリ!

 

ワインを飲もうが下にあるザワークラウトを食べようが、味の記憶が残ってしまい、さっぱりしません。

かえって、酸っぱいだけで、食欲ナッシング!

 

ジャガイモもあんまり美味しくなかったし・・・

 

 

食べたのか、食べてないのかわからないようなお皿を下げてもらい、デザートにしました。

 

アップル・シュトゥーデル

 

また、半分食べてしまいました。

アイスクリームとフルーツが付いてきます。

 

これもかなり大きくて、途中で飽きてしまい、最後までたべられませんでした。

 

美味しかったけどね!

 

 

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

メゾン・カーマルツェル お部屋案内

今回のストラスブールはメゾン・カーマルツェルに止まりました。

1泊朝夕食付き、125ユーロのetapと言うプランです。

週末以外の日はこのプランが適用になります。

 

部屋はフランス式3階32号室です。

表示がなんだか近代的。

 

 

バスルームの前から入り口に向って撮ってます。

ヒーターとちゃんと冷える冷蔵庫があります。

 

 

冷蔵庫の中にアルコールは無し。

 

 

グラスは冷蔵庫の上です。

普通のグラスでアルザス風の緑のステムのものではありません。

 

 

バスルームは壁が斜めです。

ツインボールも一人なので意味なし。

タオルは一人分。

 

洗面台の奥には出窓があって、通気のために少しあいていました。

手が届かないので、開けたままだったので、シャワーだけだと、ものすごく寒いので、バスタブにお湯を張ってから入りました。

 

 

バスタブの奥がトイレ。

 

 

アメニティは石鹸とシャンプー・・・だったかな?

たいしたものはなくて、日本から持って行ったNOBUのシャンプーを使いました。

 

ドライヤー付き、風力は強くて、1000w、1500w、2000wと3段階になります。

 

 

部屋には小さなデスクがあります。

その他、冷蔵庫とヒーターの上にカウンターデスクのようなものもあります。

 

 

クローゼットは、バスルームの隣・・・だったかなぁ?なんだか記憶がありません。

 

 

とりあえず部屋のチェックも終わりました。

そして、9:30から夕食のため、下へ降りて行きました。

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

フランスの鉄道は?

シャンパーニュ・アルデンヌからストラスブールまで2時間半。

 

しかし・・・・・

 

ものすごく車体が傾いている場所で、システム・トラブルとやらで止まってしまいました。

その前から、ものすごくゆっくり走っていたので、時間調整かな?と思っていましたが、ついに・・・

 

座席にはコンセントがあって、PCやスマホの充電ができるようになっています。

ネットにつないで日本のサイトに行こうとしていたら列車が停止したので、

「私のせい?」などとあせってしまいました。

 

ふと外を見ると風力発電。

12月に空から見たものでしょう。

 

線路脇には巨大なユキヤナギが咲いていました。

 

 

ノロノロ運転は1時間もあり、20分近くシステムトラブルで停車したにもかかわらず、予定より10分遅れでストラスブールへ到着しました。

 

 

 

 駅前からトラムの1回券を買って、コンポステして座っていたら、検札が来ました。

左のポケットから出したのはパリのカルネで

「これはパリのだ」

右のポケットからさっき買ったチケットを出したら

ものすご~~~~くしつこく見て、なんかチェックしてから行きました。

 

めざした宿は世界遺産のメゾン・カーマルツェルです。

(写真は昨年12月のものです)

 

 

 

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

 

ランス ドロー・エ・デルロン広場

 

 大聖堂を後にして、駅へ戻りました。

時間は充分あるのに、気がせいて、ジャンヌダルクの像にも気づかず進んでしまいました。

 

 人の流れについて行くと噴水がありました。

 SUBE FOUNTAIN だそうです。1992年作成。

 

この噴水から始まる通りは、PALACE DROUET d'ERLON ドローエデルロン広場です。

 

 

実は噴水へ行く手前に、古い教会がありました。

日曜だったので入れなかったのですが、12世紀の建築で唯一残ったPARISH CHARCH STYLE の教会だそうです。

 

・・・・parish charch とは教区の教会と言うことで近所の庶民が礼拝に来る教会と言うことらしいです。

 

 

 

狭い路地脇にある教会ですが、この裏に回るとなかなかすごい建物らしいです。小さな塔もあるけど、道からは見えませんでした。

 

それにしても、フランス語に比べて、英語の説明、はしょりすぎです。

サンジャック教会は日本語にするとヤコブ教会。

 

 

噴水の向こうにある広場と言うか、道に行きました。

この地区にホテルは集中しています。

 

 

お天気がよくて暑いので、カキ氷屋さんには列ができてました。

よく見たら、ゴミ袋の色がパリと違います。

 

 

広場の真ん中に天使の塔がありました。

これは、どうも戦争の英雄をたたえたものらしい。

付け根に軍服の人がいます。

 

 

路上コンサートがありました。

おじぃちゃんと孫娘? 

 

 

 

 このとき、この子が歌っていたチキチキアモーレだったかチキチキなんとかと言うフランス人なら誰でも知ってるらしい歌のメロディーがとてもよくて、覚えといて、CD買おうと思ったら、曲名を忘れてしまいました。

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

 

ランスからTGVで

 

ランスから、夕方のTGVでストラスブールへ移動します。

ストラスブールへは20時ごろ到着です。

 

駅前にオリーブがミサイルに乗ってるメリーゴーランドがありました。

乗りたがってる子供はみかけませんでした。

 

フランスには、たま~~に軍事色(?)という程のものでもないですが、見え隠れしてます。

 

 

 

まだ時間があるので、駅の売店に寄ってみました。

日本、人気上昇中?

 

 

ランスに来た時のTGVはランスに止まるストラスブール行きでしたが、そういうのはあまり本数がありません。

一旦シャンパーニュ・アルデンヌ駅まで行って、そこでTGVに乗り換えます。

 

 

地下道を通ってホームへ行きました。

この駅は改装したのか、どこもきれいです。

 

 

ランスとシャンパーニュ・アルデンヌ駅間を行き来する列車です。

 

 

端っこの線路にSLが止まっていました。

現役なのかなぁ?車輪を紐でくくってあるから、展示してるだけですか?

 

 

シャンパーニュ・アルデンヌ駅に着きました。

 

 

ランスからここまでは、トラムでも来ることができます。

上に見える四角い建物が、この駅の駅舎です。

トラムの停留所からは、坂道を歩いて登るし、時間も5~10分くらい列車よりはかかります。

 

 

1stクラスの席を3ヶ月前の予約開始に予約したら、

12号車だったのに、予約がそんなに入らなかったうようで、一つの車両の半分が12号車で、半分は11号車という仕様になっていました。

 

それは、ホーム中ほどにしかない表示板に出ます。

前から何両目とか、覚えておかないと、車両には号車の表示がないので、別の車両の席に座ってしまい場合もあります。

 

むずかしいぜ!フランスの特急指定席!

 

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

ランス ほほえみの天使

ランスの大聖堂といえば、シャガールのステンドグラスと微笑みの天使像。

 

微笑みの天使はこれ?

ずいぶん損傷がひどいです。

 

 

なんか違う・・・・

 

 

左の扉口を見てみました。

 

あれ?こっちかな?

 

 

左の扉口にあるのが微笑みの天使。

以前は翼に弾痕があったのですが、修復されていました。

雑に粘土を埋め込んだ感じの修復ですが、わざとなんですかね?

 

 

中央扉口の天使は、大天使ガブリエルだそうです。

ガブリエルの方は、微笑み方が何か好きではありません。

 

フジタ聖堂のついでに見ようと行った大聖堂でしたが、やはり見ごたえのある教会でした。

 

目的のものは見たので、なんかお土産でも買いましょと街へ出ることにしました。

 

で、ツーリストオフィスですが、大聖堂の左側にありました。

最初に大聖堂近くに来た時、大聖堂の上ばかり見ていて通りすぎていました。

 

そして、またこの近辺もトイレがなく・・・・

日曜なので近辺のカフェもお休みで。

 

 

 大聖堂の前にあったお土産物屋でランス独特のピンクのビスケットとシャンパンの入ったチョコを買いました。

 

普通、中に洋酒の入ったチョコだと砂糖で液体を閉じ込め、それをチョコでコーティングしてあるものが多いのですが、このチョコは、チョコの中にいきなりシャンパンなので、甘ったるくありません。

 

お土産屋で扱っているチョコなのでたいしたこと無いだろうと思ったら、チョコも良いチョコでなかなかおいしいものでした。

 

 

 

ビスケットはシャンパンに浸して食べるもので、ピンク色です。

 

FOSSIER のお店でないと買えないのかと思ったら、どこでも売っていました。 

 

 

 

 かえってから室内で撮ったら、フラッシュが反射してしまいました。へたくそな写真で失礼。

 

味は、さっぱりしたカルメ焼き?

かなり砂糖甘いので3つ位でもう満足。

いやな甘さではありません。

なかなか良いお土産でした。

・・・って自分で食べてるけど。

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348 

 

ランス ノートルダム大聖堂

1週間も近所のお出かけの記事が続いてしまいました。

 

フランス好きの皆様、お待たせしました。

今日からまたフランス旅行の話に戻ります。

 

ランスの大聖堂の話でしたね。

これから中へ入ります。

 

大聖堂は修復中で入れないとか書いてあったのに

ぐるっと回ったら入り口がありました。

 

横の入り口からは入れないということだったんですね。

 

大きな入り口です。

真ん中は聖母子像。

 

 

これ、幅が狭く見えますが、奥行きがものすごくあるので、幅が狭く見えてるだけです。

 

白にゴールドで上品な教会です。

かつて、国王の戴冠式を行ったという教会だけあります。

 

 

奥のステンドグラス。

 

 

 右手のマリア像のとこにあった(と思います)シャガールのステンドグラス。

 

 

シャンパンを造る工程のステンドグラスもあるはずなのですが、写真は撮らず。

残念。

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

 

下町でモヤさま 3 人形焼

 清澄庭園から延々歩いて、人に2回も道を聞き、

日本語通じる日本人でも、道知らない人多いし、スマホのナビは誤差多いし。

日本は道が細かすぎるのでしょうか?

 

やっとついた水天宮。昔からある神社なのに建物はすごく新しく、交差点寄りにはエレベータもあります。

 

子宝祈願の人より、戌の日の安産祈願の申し込みの人の方がひっきりなしで、儲かってるねぇ。

 

テントは18日の戌の日用のものでしょう。

 

 

 犬の頭をなでて行く人が多いけど、本当は犬の周囲にある自分の干支をなでるらしい。

 

 

犬の後ろには東北大震災で迷子になって保護されている犬の写真。

痩せてないし、顔つきも穏やかで、大事に保護されてるのがわかります。

 

飼ってた人は心配してるだろうな、犬も家族だから。 

 

 

私達にはあんまり用の無い神社なので、交差点を渡って人形焼を買いに行きました。

 

交差点に面して、重盛永信堂と三原堂があります。

 

でも、そういう量産物ではなく、昔ながらの手作りの店を目指して、また200m歩きました。

 

日比谷線人形町駅から歩いてすぐ、狭い間口で古いテントの庇が見えたら、そこが板倉屋です。

 

店の外の写真は撮り忘れました。

 

店の奥で焼いていて、焼き方がたくさん吊るしてあります。 

 

 

写真撮っていいですか?と聞くと

型を開いて見せてくれました。

 

 

1個100円、餡子は柔らかめです。

浅草よりこっちのほうがおいしいかな?

 

 

その後、大正8年創業の喫茶去 快生軒で休憩して帰りました。

この店は向田邦子が通った店で、知らなかったけど、私が座った席が彼女が好んだ席だったらしい。

 

30分も座っていたら、カップを片付けに来て、出てくか追加するかどっちかにせぃ!と言う無言の圧力をかけてくるとこなんかが、大正・昭和のかほりがして、それもまたオツな感じでした。

それにしても去って何?

 

 

人形町は和菓子屋さんはたくさんあるけど、なんか、パン屋が無かった気がしました。

 

次は、小春軒に洋食ランチしに行こうかな?

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

 

 

プロフィール

Rachel

Author:Rachel
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
433位
アクセスランキングを見る>>
お散歩人数
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。