スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初パリ ギャラリー・ラ・ファイエットのクリスマスツリー

 

 初パリ お別れにギャラリーラファイエットのクリスマスツリーを見に行きました。

 

真ん中に見えた!

 

写真を撮ってる人もたくさんw 

 

 

 

贅沢な作りの建物だなぁと・・・

ゴテゴテしてるのに品が悪いわけではない。

 

 

 

 

 真ん中で上を見上げてみました。

 

 

 

 

それにしても・・・・

 

デパートが日曜休みっていうのがどうもよくわからない。

宗教で、安息日だから働いちゃいけない日っていのはわかるんだけど、

 

そうじゃなくて、

 

会社帰りにお買い物すればよいって言っても

 

夜に靴買って、後日履くとサイズ合わないでしょう?

困らないのかなぁ?

 

とか・・・・

 

若い子なら友達と待ち合わせて流行の服を買いに行きたいけど

土曜日しかないのが不便

 

とか・・・・

 

日曜日のデパートって楽しいのにね。

 

でも、お父さん達はせっかくの休みに家族の買い物に付き合わされて疲れ果てることもないし、

そういう意味では良いんですかね?

 

 

 

っというわけで2008年初パリはこれでおしまい。

スポンサーサイト

ルーブルからの帰り道

 

いったんホテルへ帰ることにしました。

ルーブルからパレ・ロワイヤルを抜けました。

 

次にいつ通るのかと思うと全てが寂しげに見えます。 

 

 

 

 寒くなってきたので、カフェに入りました。

ここですきっ腹に

アン カッフェ シルブプレっちゃったらその後具合悪くなりました。

この時に、私はコーヒーはダメなんじゃないか?と思い始めたきっかけです。

 

 

 ホテルで休憩してからまた街に出ました。

最後のイルミネーション

 

 

 このあとシャンゼリゼ通りに行きたかったんですが、

さっきの アン カッフェ でおなかが痛くなってしまいまたホテルへ戻りました。

 

パリのこゆ~~いコーヒーには気をつけましょう。

ちゃんとお砂糖入れて飲まないとね、すい臓悪くするから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初パリ 最後にもう一度ルーブル

カルトミュゼ2日を持っていたので、再度ルーブルへ

 

なぜか絵画はバベルの塔の写真だけ撮ってた。

毎回だけど明日は帰るっていう日に撮ってる写真はなぜ撮ったかわからないものが必ずある。

 

 

 

修復準備開始

 

 

 

 

ミロのヴィーナス発見!

けっこうでかいし、この立ち姿勢はなんか無理がありませんか?

 

 

 

そして地下へ。

かつてルーブルが王宮だった時の要塞の遺跡。

地下遺跡好きなので行ってみた。

広くて大味な遺跡、イタリアと比べるとね。

 

あんまり公表したくないけど、ここにトイレがあって、空いてます。

 

初パリ 失敗した食事

オスマン通りを歩いて、ジャック&マードレ美術館へ向かいます。

 

 

 

やっと見つけて入ろうとしたら、同行者が入らなくて良いというので、

ではランチということになりました。

 

メトロ ST AUGUSTINE駅のそばにある同名のビストロ

 

スープはフュメ・ド・ポワソン

この段階であれ?な味

 

 

ハンバーグ

塩気がまったくありません。

ポテトも塩なし

 

ケチャップとマスタードが必要な場合は別料金

後で知ったことですが、フランスのハンバーグって自分で味付けするらしい。

ほんとに?塩、胡椒もなし?そんなのありかね?

 

 

 

同行者のスパゲッティ・ボロネーゼ

ミートソースの上に謎の味がするクリームソースがかかってる。

こちらも塩化なし。

なだけでなく、なんか変わったハーブの香りもする。

 

 

 

オーダーの時に塩味つけてくださいって言わなければいけなかったのか?

なにしろ半分も食べられなかった。

オーダーしてから1時間も待ったし。

 

時間がかかるのは仕方ない、というか日本が早すぎと今ならそう思えるけど、

あの塩なしの味はあれでよかったのか?

 

 

半分以上食べずチップも置かずに出てきたら

テーブル担当のギャルソンが追いかけてきて

「全部、ボクのミスです、すみません」

って言ってたけど、彼はいったい何をミスったと言うのだろうか?

 

メニューがよくわからない観光客にきちんと説明しなかったことを

反省したのだろうか?

どっちが傷ついたのかわからない結末になってしまった食事だった。

 

 

 

しかしね、

フランス行ってミートソースだ、ハンバーグだってw

その選び方がね、違ってるんじゃないの?>過去の自分

 

 

 

 

やっぱり初パリの私達はるるぶみたいなガイドブックにに載ってるビストロで

本に載ってる通りのオーダーしとけばよかったのね、きっと。

 

 

 

 

しかし・・・・・

 

 

食事大失敗のショックはでかすぎる!

パリ マドレーヌ寺院とお食事

 

 1万アクセス突破

 

先月19日にパリから帰ってきて、その翌日からはじめたこのブログも1ヶ月足らずで1万アクセス突破しました。

 

このブログを覗いてくださってる皆さんありがとうございます。

ネタ切れになるまで続けます。

これからもよろしくお願いします。

 

っと言うわけで

 

今日はマドレーヌ寺院のそばに食事に行ったのでその時の写真です。

 

 

 

 

 マドレーヌ寺院脇の花市場

 

クリスマスツリーが網に包まれて買い手を待っています。

なんか寒そうです。 

 

 

 

日本の花屋さんの写真ではありません。

ここでは色分け展示はしてません。

 

 

 

 ブーケ

 

いろんな色のブーケがある白い花だけの束が引き立って見えます。(だったら隅っこじゃないように撮れよとw)

 

 

 

 

 食事は岸朝子さん絶賛の

 

 ル ロワ デュ ポトフ
Le Roi du Pot au Feu
34 rue Vignon - 75009 Paris

 

 

なにしろ狭い!カウンターで待ってる人の背中はすぐそこ。
私の座ってるテーブルとこの人達の間に歩く隙間はありません。 

 

 

 席につくと

「ポトフ?」と聞かれ

 

「スープは?」

「いりません」

 

ワインはデキャンターに移した箱ワインがテーブルに置かれています。

飲んだ分だけ代金を支払うシステム。

 

ポトフにはデジョンのマスタードをつけて食べます。

おでんといっしょだね。

 

牛の骨髄もトロトロでおいしかった。

テーブルにある塩を手でつまんでふりかけて食べます。

置きっぱなしの塩壷に、手を突っ込んでwつまみます。

 

ま、ポトフだから超おいしいも、ゲロまずも無いので、

安心していけますね。

 

量はけっこうボリュームあります。

 

 

食べちゃったので写ってないですが、

リーキという長ネギのような野菜がとてもおいしくかった。

 

日本に帰ってからポトフを作るときに使おうと思って

デパ地下に行ったら、1本800円もした。

いつ行っても売ってるので、買う人はいるんだと思う。

輸入物なんですかね?

プロフィール

Rachel

Author:Rachel
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
2296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
728位
アクセスランキングを見る>>
お散歩人数
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。