スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ  サンタクローチェ教会

ある朝、早起きしてサンタクローチェ教会ヘ行った。

ミサを見学できるかと思って早く行った。

 

 

けど・・・・・・

 

 

入れなかった。

 

 

サンタクローチェ教会の前は広場、と言うより、競技場になっている。

 

昔は、本当の馬に乗った騎馬戦が繰り広げられたそうだが、今も、こんな石の硬い場所でフットサルの試合をしているそうだ。

 

 

 サンタクローチェ教会までの通りには、昔、漆喰の壁に鮮やかに描かれていたであろう絵の跡がのこる建物がいくつもあった。(写真なし)

今は、アパートになっているみたいだけど、昔は宿屋だったんだろうなぁ?とか、色々想像しながら歩いた。

修復するとしたら個人持ちになるのかもしれないけど、

昔の姿に戻してほしいな、と思ったりもして・・・

 

ドォーモまで戻る道は狭い道が多かった。

特にダンテの家の周辺。

 

この写真はダンテの家とは関係ないけど、狭さはこんな感じ。

 

 なぜダンテの家の写真がないのかと言うと、

煉瓦を積んだ建物の間の狭い道を通っていたら、

急に地震の恐怖感がやってきて、写真を撮る余裕がなくなってしまったからw

 

「こんな狭い道で、こんな建物の間にいる時に地震が来たらどうしよう・・・・周りに人もいないし・・・」

などとふと思ってしまったら写真を撮る余裕もなく走りだしてしまったw

 

 怖くて早く広い場所まで逃げたかった。

イタリアは日本と違ってめったに地震なんて来ないことはわかってるけど、こんな場所で時々地震が来たら・・・と思ってしまうのは日本で育ったから仕方ないのか?

 

 

そういえば、今日夕方福島県に震度4の地震があって、会社で一斉に携帯の警報音が鳴りだしびっくりした。

 

みんな初めてだったから、何が鳴っているのかわからず、音を消すまでけっこう時間がかかっていた。

災害警報だけあってマナーモードでもなってた、あたリ前かw

 

 http://blog.with2.net/link.php?1035348

スポンサーサイト

ウフィツィ美術館 追記

 

ヴェロッキオ キリストの洗礼 

 

 

左下の天使、当時ヴェロッキオの弟子だったダヴィンチが書いた、と言われている。

本物はもっと髪の毛がフワフワして見える。

この絵を見て、師匠のヴェロッキオはもう絵は描かなくなったそうだ。

 

 

ウルビーノ公爵夫妻。

なんでこの絵の話?と思うでしょうけど、変な顔だしw

 

当時の女性ファッション、前髪を剃っておでこを広く見せる。

変なので印象に残ったw

 

この絵以外にもおでこを剃ってる女性の絵はたくさんあった。きれいな人が多い。例えばフィリッポリッピの聖母と二人の天使。

 

 

はやってるからと言って誰でも真似すればよいっていう話じゃないっていう例。

 

 

 

メディチ家の肖像が集められている18室、トリブーナとよばれている、この美術館の中枢らしい。

 

天井は小さいドームになっていて、内側は白いリンゴがくっついてる。

基本的にこの美術館は写真禁止なので写真はなし。

 

(昨日今日UPした絵画は海外のフリー素材のサイトからお借りしてきたものです。)

 

 

そして、そのトリブーナにあった豪華王ロレンツォの肖像、カッコイ~!(ハァト)

 

 

今日は、ウフィツィ美術館で私の印象に残った3点をupしてみた。

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

 

フィレンツェ 2日目

また、昔のフィレンツェの話に戻ります。

 

2日目はウフィツィ美術館に行った。

 

日本から電話で予約をしてあったので、

予約専用のチケットオフィスへ・・・・・並んだ。

 

そうなんです、混んでる日は予約してあっても並ぶんです。ほんの5分10分だけど。

 

そして、個人客の入り口で並ぶ。

向いはツアー客の入り口。

うそん・・・・ツアー先に入れたぁ・・・・

 

すぐ後に入れたけど、

でも、ツアー客の先頭にいたOL風の人が、

「お先~、ツアーのほうが何事も優先よ。ふん」みたいな感じでニランで行ったのですんごいムカついたw

 

入り口近くで日本語のガイドブックを買った。

 

この美術館はまず、4階だったか?まで階段で上がる。

1段あたりの高さは低いけど、その分段数が多い。

天井も高い作りだから、もうね・・・・・

目がチカチカしたころやっと展示室のある階につく。

 

階段覚悟で行けなんて、るるぶw には書いてなかった。

高齢のご両親を連れていったり、実は膝が・・・みたいな人はご用心の美術館だ。

 

 

車椅子の人も見学していたので、そういう人用のエレベーターはあるらしかった。

 

ので・・・・

 

事前に相談したりすれば、高齢者、病人、けが人はエレベータ利用できるのかも。

 

で、見学内容はボッティチェリの2点とダヴィンチの受胎告知を軸にツアーの人は見ていったようです。

 

ボッティチエリ 春

 

 

ヴィーナスの誕生

 

 

そして、ダヴィンチの受胎告知

 

 

ツアーの人はここでほぼ終了。

 

私達は、カフェテラスでお茶。

パニーニもあるので、朝食はここですませてもよいかも?

 

眺めは・・・・あはは・・・

塀が高いので、隣のベッキオ宮の塔くらいしか見えなかった。

 

 

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

サンタ・マリア・デル・フィオーレ教会

 フィレンツェと言ったらドゥォーモ、花の教会、サンタ・マリア・デルフィオーレ教会。

 

この旅行の時の写真はいっしょに行った人のカメラで撮っていたので、UPできるものがほとんど無い。

 

正面より、横から見た巨大と壁面の美しさ圧倒された。

 

 

 

中に入ると以外とシンプル。

むしろガランドウな感じ。

 

 

壁にはこんなものが・・・ロレンツォ?

 

 

天蓋は以外とシック 

 

 

 この後、すーぱーマーケットを探して街を歩くつもりが、サンロレンツォの前の長~く続く露天商の市場?から抜け出せず、中華料理屋など見つけたりしながら

中央市場へ行って、その日は終わった。

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

初フィレンツェの幕開け

 ローマからフィレンツェヘ列車で移動した。

 

列車のチケットは自販機で簡単に買えるのでよほどの繁忙期で無い限り、前日に買う程度で希望の列車には乗れる事が多いと思う。

 

主要な駅では何台も並んでいるので、使える自販機を選ぶ。

使えないのはnon servizi と電工表示に出ていたと思う。

 

  

 

言お葉を選ぶ、日本語はないので、ここは英語で。

 

 

今日の予約か、明日以降の予約か、時刻調べか等を選ぶ。

 

 

目的地を探す。

出てないような小さい駅はその他 other station を押

してアルファベットから選んで探す。

 

 

その後、日にちと時間帯をえらび、

1st か2nd か選び、座席を窓側か通路側か選びと言う作業のあと、現金かカードか選び支払うと出てくる。

 

手伝ってくれるという親切ぶった詐欺師が出没することもあるらしいので要注意。

 

泊まったホテルはレレ・カバルカンティ。

以前2回目のフィレンツェ旅行のブログですでに書いたので省略。

しかし、記載に間違いがあった。

ベローナから入ったとか書いてあるけど、ベローナに行った時はフィレンツェには寄ってなかった、すみません。

 

ホテルの窓から右見て・・・・ 

 

 

左見て・・・・

 

白いバンは突き当たりにある建物にピアノを運んできた。

外階段を上がるとなんかのホールがあるらしい。

イタリア個人旅行初心者の私達はなんか遠慮して階段を登って覗いてみるような事はまだできなかった。

ので。。。。何があるのかわらないまま。

 

 

 ホテルはウフィッツィ美術館まで2分の場所だった。

とりあえずシニョーリア広場を抜けてみた。

 

 

 

 

 

 昼過ぎにホテルに着いた。とりあえず食事することにした。

マリオのビストロだの、須賀敦子先生が贔屓にしてたリストランテだの言って見たい店はいくつもあったけど、見つけられず・・・・おなかも空いたので適当に近くにあった店に入った。

 

レバーペーストのクロスティーニ、トマトとモッツァレラチーズのサラダ、カプレーゼ、トマトのパスタを食べた。

クロスティーニは同行者がレバーがダメで、3切れ来たうち2切れを私が食べた。

 

フィレンツェのパンは独特で、あまり醗酵させてなくてふわふわではなく、むっちりしてて重い。

 

ので・・・・1切れ食べると6枚切り食パン1枚と同じくらいの感じなので、クロスティーニ2切れとサラダで私には充分だったw

気合でオーダーしたパスタも食べたので、2時過ぎの昼食だったから夕食はサラダとワインしかたべられなかった。

 

 初フィレンツェはそんな幕開け。

 

http://blog.with2.net/link.php?1035348

 

 

 

プロフィール

Rachel

Author:Rachel
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
2296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
728位
アクセスランキングを見る>>
お散歩人数
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。